2022年12月例会のご案内

例会テーマ

社員を成長させるマネジメント~社員の成長が会社の成長に~

例会主旨

会社を成長、発展させ続ける為に会社で働く社員の成長が不可欠だと考えます。

ではその社員を成長させる為にはどのようにマネジメントを実施すれば良いのでしょうか?

入社して10年が経ち自分の会社での立場も変わり、男性社員、女性社員、また年上で社歴も自分より長い社員など様々な方々を会社の方針、自分の考えのもと、同じ方向にベクトルを揃え、また成長させる必要がでてきました。

しかし色々な立場、考えの方がいる中で社員一同を経営理念へ共感させ、成長をさせる事は容易ではありません。

そこで今回は伊那食品工業様を会社見学、また小口常務取締役にご講演いただき伊那食品工業様が大切にされている経営理念、またその経営理念を基に会社の為、一緒に働く同僚の為、また近隣地域の方々の為に働ける社員を育成されているマネジメント方法について学びます。

本例会を通じて、社員を成長させるマネジメントを学び、各会社・組織の発展・成長につながる一助となれば幸いです。

名古屋而立会会員の方はこちらより出欠登録を行って下さい。 例会出欠登録 【抜粋を表示しています】

By |2022-11-22T08:46:44+09:002022年11月 22日 |

2022年11月共催例会のご案内

例会テーマ

「カセギスキル」~成約率98%の秘訣~

例会主旨

会社の存続を考えるうえで、売り上げから目を背けることはできません。
新規顧客の獲得、既存顧客の深堀は必須なのではないでしょうか?
そこに貢献しているのは「営業職」です。

本例会は「営業職」にスポットをあて、著書も多数、メディアにもご出演され、成約率98%の営業経験をお持ちの株式会社HIROWA代表取締役 和田裕実 氏をお招きし、「カセギスキル」をお話していただきます。

成約率98%、お客様をファンにする秘訣とは…
年齢差・性差にかかわらず「売れる営業」になるためのスキル・仕組み・テクニック、クロージングスキル、コロナ禍に営業が取り組むべきことなどを存分に語っていただくことで、たくさんの学びを得られると思います。

本講演が各会社様の売り上げUPに貢献できる内容となれば幸いです。

名古屋而立会会員の方はこちらより出欠登録を行って下さい。 例会出欠登録 【抜粋を表示しています】

By |2022-10-23T19:33:10+09:002022年10月 23日 |

2022年10月例会のご案内

例会テーマ

働く環境づくり ~社員と共に成長する会社~

例会主旨

会社が成長するには、社員が個々の能力を発揮し、チームとして活躍し合える働く環境が必要だと思います。

働く環境は人と人との関係性が作り出すものがあるのではないでしょうか?

そこで、山本製作所 有限会社 田中 倫子 氏 にご講演頂きます。

父の死をきっかけに、看護師から町工場の社長となり、入社した頃は、社員さんとはうまくコミュニケーションも取れず業績も下がる中からのスタート。

最近では、理念採用やプライベートの相談もできるような風通しの良い社内風土を作られ、新商品開発・宣伝を社員と共に成功させました。

今年1月、M&Aをした老舗和菓子屋の職人さんとの関係構築に、苦労しながらも尽力されてます。

これまでの人の育成への取り組みの実体験を、お話頂きます。

本例会を通じて、社員から様々な意見が出て話し合える働く環境を作り、成長する会社になる為の一助となれば幸いです。

名古屋而立会会員の方はこちらより出欠登録を行って下さい。 例会出欠登録 【抜粋を表示しています】

By |2022-09-27T22:34:48+09:002022年9月 22日 |

2022年8月例会のご案内

例会テーマ

人材を人財に変える

例会主旨

人は人材ではなく、人財である。・・・皆さん一度は聞かれた事はありませんか?                                                 ではそもそも人財とはなんでしょうか?個人的に会社や組織の為に貢献してくれるだけではなく、会社や組織から必要とされる人だと考えています。ではその人財とはどの様に育成していくものなのでしょうか?

人材を人財へ変える為に人を評価する視点を変え、面談やフィードバックを基に個人の現在レベルを把握し、コンピテンシーのレベルに当てはめ、個々にあった育成方針を打ち出し、適正な指示、指導を行う必要があります。

そこで本例会では、株式会社ポテンシャルディスカバリーコンサルティングの坂本 健(さかもと けん) 氏にコンピテンシーを用いた人財の育成、活用方法についてご講演頂きます。

本例会を通じて、各会社・組織に必要となる人財を育成する手法(コンピテンシー)を学び、各会社・組織の成長に繋がる一助となれば幸いです。

※新型コロナウイルス感染拡大の為、ZOOM例会となります。現地では集まりませんのでご注意ください。

名古屋而立会会員の方はこちらより出欠登録を行って下さい。 例会出欠登録 【抜粋を表示しています】

By |2022-08-03T10:47:13+09:002022年7月 16日 |

2022年6月例会のご案内

例会テーマ

コミュニケーションのとれる会社 ~リーダーとしてのコミュニケーション~

例会主旨

皆さんの会社では、コミュニケーションは取れていますか?
自分の考えがうまく伝わらない。価値観の違う人間同士、どう接すれば良いかわからない事があります。
若い社員からしたら、話の通じない相談しづらいリーダーだと思われているかも知れません。

組織内の関係性を円滑にするためには、
リーダーとしての行動・思考・言動などの自己認識力を高める必要があります。

そこで、株式会社 愛知心理教育ラボ 毛受 誉子 氏 にご講演頂きます。
伝えることの重要性、リーダーが取るべき行動について、
コミュニケーションを阻む12のパターンなどを用いた参加型の講演を行って頂きます。

本例会を通じて、リーダーが取るべきコミュニケーション術を学び、
心理的安全性がある企業を目指し、人材の定着から企業の成長の一助となれば幸いです。

名古屋而立会会員の方はこちらより出欠登録を行って下さい。 例会出欠登録 【抜粋を表示しています】

By |2022-05-25T23:14:17+09:002022年5月 23日 |

2022年5月例会のご案内

例会テーマ

サーバントリーダーシップ~これからのリーダーの姿~

例会主旨 会社組織は日々変化する環境の中で、働き方も変わり多様な人材が求められるようになりました。その結果、支配型リーダーのもとで育ったベテランもいれば、これから入社してくるZ世代まで、部下のパーソナリティに応じて、マネジメントが求められるようになりました。

サーバントリーダーシップは多種多様な人材に寄り添うことで、メンバーの持つ力を最大限に発揮させる環境づくりに邁進する支援型リーダーシップのことです。メンバーの能力や質も上がり、自発的行動が増え、尚且つ心理的安全性も与えることが出来る、これから必要とされるリーダーの形といえると思います。

そこで本例会では、コンサルタントオフィス ミライストラテジーの渡辺博之氏を招き、サーバント思考、サーバントリーダーとしてのマネジメントの手法、組織活力につなげるリーダーシップについてご講演して頂きます。

本例会での学びを通して、皆様と身近なメンバーが、「あなたにならついていきたい」と思い、思われる、組織の進化の一助となれば幸いです。

名古屋而立会会員の方はこちらより出欠登録を行って下さい。 例会出欠登録 【抜粋を表示しています】

By |2022-05-25T23:13:10+09:002022年4月 22日 |

2022年4月総会のご案内

例会テーマ

令和4年度 名古屋而立会 総会・懇親会

例会主旨

「人を活かす~進化し続ける企業になるために~」を年間テーマに令和4年度名古屋而立会が若園会長新体制としてスタートします。

2021年も前年に引き続き、新型コロナウィルスにより、経済は甚大な影響を受け続けていました。その様な先が見えない中でも私たちは人して、企業として成長し続けなければいけません。

若園会長の年間テーマを総会・懇親会で落とし込み、1年の学びを通じて得られるものを社業に活かし、『人を活かし、進化し続ける企業』になれるように1年、而立会を盛り上げていきましょう。

名古屋而立会会員の方はこちらより出欠登録を行って下さい。 例会出欠登録 【抜粋を表示しています】

By |2022-04-06T15:54:04+09:002022年3月 24日 |

2022年2月例会のご案内

例会テーマ

コストの最適化 ~社内リソースの配分と有効活用~

例会主旨 企業の安定した経営には、社内リソースをどのように活用していくかが、大変重要な要素です。
各部門、各業務のコストの中身を把握・分析し「ムダ」を見つけ出し、改善の為の投資を行うことが、業務の効率化、生産性の向上、企業の更なる成長にも繋がるのではないでしょうか。

そこで今例会では、株式会社イコール・パートナーズ代表取締役社長・島村哲広氏に社内リソースの配分と活用による「コストの最適化」についてご講演頂きます。
「コストの最適化」とは、コストを削減、管理するだけではなく、利益を上げる為や生産性を上げる為の投資を行い、全体のコストが費用対効果として適切かどうかを判断する為の考え方、活動です。
コストの最適化の概要と手法を学び、その為のインフラ整備のポイントを事例を交えて解説して頂きます。

今例会が皆様の会社の業務の効率化、生産性の向上、成長のきっかけとなり経営の安定化の一助となれば幸いです。

名古屋而立会会員の方はこちらより出欠登録を行って下さい。 例会出欠登録 【抜粋を表示しています】

By |2022-01-26T13:06:35+09:002022年1月 26日 |

2022年1月例会のご案内

例会テーマ

2022年 新年会

例会主旨

コロナウィルスによる規制も徐々に緩和されてきました。そこで2022年の新年会は2年ぶりに現地開催を致します。

ここ最近はこうした機会も少なく、なかなか交流が出来ていない人もいるのではないでしょうか?

新年会を通して、所属委員会が違うメンバーとも話したり、普段思っている悩みを話し合ったり、コミュニケーションの場としてもらえれば幸いです。

コロナ前と同じようにとはいきませんが、アフターコロナの新年会を盛り上げ、2022年に弾みをつけましょう。

名古屋而立会会員の方はこちらより出欠登録を行って下さい。 例会出欠登録 【抜粋を表示しています】

By |2021-12-20T12:16:53+09:002021年12月 20日 |

2021年12月例会のご案内

例会テーマ

新しい業務効率化の取り組み~部門間連携促進によるコミュニケーションコスト効率化の実現

例会主旨 部門間連携の向上は業務効率化の実現や、組織全体の生産性を上げるためにも重要な要素のひとつです。しかし、コロナ禍や時代の変化に伴い、社内でのコミュニケーションが取りづらくなっているのが実状ではないでしょうか。

実際、コミュニケーション不足により、個人や各部門がそれぞれ独自のやり方を通すことで業務効率や生産性の低下を招くほか、人間関係の悪化や離職率の上昇にも繋がる危険性もあり、これらの問題はビジネスにとって差し迫った課題だといえるのではないでしょうか。

そこで今例会では、株式会社新経営サービスの山本 崚平(やまもと りょうへい)氏をお招きし、中小企業で取り組める部門間連携を強化する為の社内コミュニケーションの向上施策や、組織の生産性を向上させる為の思考方法や行動の質の高め方などについてご講演頂きます。
本例会が皆様の会社にとって、社内コミュニケーションの活性化に繋がり、部門間連携が強い組織づくりの一助となれば幸いです。

名古屋而立会会員の方はこちらより出欠登録を行って下さい。 例会出欠登録 【抜粋を表示しています】

By |2021-11-29T09:24:35+09:002021年11月 29日 |

2022年12月例会のご案内

例会テーマ

社員を成長させるマネジメント~社員の成長が会社の成長に~

例会主旨

会社を成長、発展させ続ける為に会社で働く社員の成長が不可欠だと考えます。

ではその社員を成長させる為にはどのようにマネジメントを実施すれば良いのでしょうか?

入社して10年が経ち自分の会社での立場も変わり、男性社員、女性社員、また年上で社歴も自分より長い社員など様々な方々を会社の方針、自分の考えのもと、同じ方向にベクトルを揃え、また成長させる必要がでてきました。

しかし色々な立場、考えの方がいる中で社員一同を経営理念へ共感させ、成長をさせる事は容易ではありません。

そこで今回は伊那食品工業様を会社見学、また小口常務取締役にご講演いただき伊那食品工業様が大切にされている経営理念、またその経営理念を基に会社の為、一緒に働く同僚の為、また近隣地域の方々の為に働ける社員を育成されているマネジメント方法について学びます。

本例会を通じて、社員を成長させるマネジメントを学び、各会社・組織の発展・成長につながる一助となれば幸いです。

名古屋而立会会員の方はこちらより出欠登録を行って下さい。

例会出欠登録
会社見学先、講師紹介

伊那食品工業株式会社

常務取締役 小口 知彦 氏

経営理念

いい会社をつくりましょう~ たくましく そして やさしく ~単に経営上の数字が良いというだけでなく、会社を取り巻くすべての人々が、日常会話の中で「いい会社だね」と言ってくださるような会社のことです。

「いい会社」は自分たちを含め、すべての人々をハッピーにします。ハピネスこそ人間社会すべての究極の目的だと思います。

「たくましく」とは、手を抜かず、仕事に一生懸命取り組むこと。また自分を律し、その厳しさに耐えることです。

永続していく強い会社という意味も含みます。「やさしく」とは、他人を思いやることです。

どちらを欠くこともなく、両立させている人たちの集まりが「いい会社」と呼ばれるのだと思います。

経営理念は、企業の目指す方向性であり、あるべき姿です。だからこそいつの時代でも変わらない目的そのものです。

ではそれは、何なのでしょう。利益を上げる、売り上げを増やすこと、これらは企業にとって必要なことですが、これはあくまで手段です。

企業の目的、あるべき姿は社会、人々の幸せを追求することであり、その中で最も重要で身近な社員の幸せを追求することではないか・・・そう考えています。

だからこそ、判断基準を社員を軸に考えれば、おのずと答えは出るのではないでしょうか。

そう考えれば、いわゆるリストラ、給与カット等の発想は出てきませんし、もっとシンプルに判断できるのではないかと思います。

経営はそんなに甘いもんじゃない、それは理想論だ・・・などと思われるかもしれません。

しかし、当社は最高顧問が社員の幸せを追求する「年輪経営」を掲げ、50年以上実践してきました。まだまだではありますが、このあるべき姿を追求し、実践することが、当社にとっての「挑戦」だといえます。

スケジュール

日時:令和4年12月19日(月) 10:30~19:30

会場:伊那食品工業株式会社

タイムスケジュール

10:30~11:00  受付

11:05~11:15   1月新年会・2月例会案内、緑友・愛印工報告

~13:25  バス移動

13:30~15:00  講和、質疑応答

15:00~16:00  会社見学

16:00~16:05  集合写真

16;05~16:50  自由時間

16:55~19:30  バス移動

緊急連絡先  en満委員会 吉川委員長

例会出欠登録

Go to Top