About Nagoya Jiryukai

会長挨拶
歴代会長
現役会員
OB会員
名古屋而立会会則
会長挨拶
歴代会長
現役会員
OB会員
名古屋而立会 会則

会長挨拶

令和3年度 名古屋而立会第48代会長

年間テーマ
「Challenge – 労働生産性向上に挑む-」

木野瀬印刷株式会社 木野瀬 将大

市場規模の縮小、人口減少など印刷業界のみならず経済自体が斜陽に傾く中、新型コロナウイルスによる経済停滞でここ一年の経済環境は厳しさを増しています。過去を振り返るとリーマンショックなど時に市場経済は想定外の事柄から起因し、それが社業に置いても打撃を受けます。

その状況の中で我々の使命はどこにあるのか、それは会社を存続、発展することに尽きると思います。

存続することは雇用、生活を守るということであり売上を確保することです。現状維持の姿勢で未来永劫の事業が続くことは困難だと思います。我々は経営者又は準ずる者としてその時代の環境、市況に順応し、変化していくことに挑んでいかなくてはいけないと考えます。

企業の挑戦と言っても多種多様のカタチがあります。令和3年度はその中でも「1人あたりの労働生産性向上」にフォーカスして活動していきます。

1人あたりの労働生産性の上げ方は売上、利益が据え置きで人数を減らす。また売上、利益を増やして人数据え置きなど色んな通りがあります。

今年度はリストラや人数減に対することは念頭におかず、その他の方法を持って学んでいきたいと考えています。

例えば新規事業を創出、BtoCへの挑戦、設備投資やDX、RPAの導入など付加価値の創造には様々の手法があると思います。

挑戦には時には投資が必要になります。しかしその場合、リスクはつきものです。資本を投入することは先の資金繰りに影響が出てくかもしれません。ただ将来を見据えた時、市場環境が劇的に変化していく中、企業を存続するために投資、挑戦をしなければいけない時は来るのではないでしょうか。

挑戦は必ず成功するとは限りません、失敗の上に成功が成り立つこともあります。

勇気ある一歩を踏み出すことは勇気がいります。しかし名古屋而立会は同じ業界の集まりであり同じ方向を見据え共に学び、時に助け合える仲間です。

絆が深い団体だからこそ、皆で勇気ある一歩が踏み出せると確信しております。

これからの時代、経済環境を見据え我々がどういった戦略を立てて行動を起こすかで業界の未も左右されます。助け合い、笑い合える仲間と共に各事業所で戦略を明確にし勇気ある一歩を踏み出すことを目標に掲げ、相互の研鑽と交流をしていきながら皆が成長できることを心がけ運営していきます。

「本音で語り合える而立会」

令和2年度   テーマ:10年後をみすえたリーダーの役割                                            平成31年度 テーマ:組織を動かす仕組み
平成30年度 テーマ:数字に強い組織にするために
平成29年度 テーマ:覚悟と行動
平成28年度 テーマ:顧客に選ばれる組織づくり
平成27年度 テーマ:魅力あるリーダーになる為に
平成26年度 テーマ:事業の継続
平成25年度 テーマ:イノベーション ~未知のニーズを探せ~
平成24年度 テーマ:勝ち残り、そして 成長へ
平成23年度 テーマ:明日のために -強い会社を作る-
平成22年度 テーマ:企業品質の向上 ~会社の品格~
平成21年度 テーマ:夢を語り合い思いをカタチにしよう
平成20年度 テーマ:今行動
平成19年度 テーマ:承継
平成18年度 テーマ:お互いが恵まれる環境を
平成17年度 テーマ:Perform Our Task
平成16年度 テーマ:コア・コンピタンスの発揮
平成15年度 テーマ:情報集積と活用
平成14年度 テーマ:時代にFitした知恵と魂(こころ)