例会テーマ

社員を成長させるマネジメント~社員の成長が会社の成長に~

例会主旨

会社を成長、発展させ続ける為に会社で働く社員の成長が不可欠だと考えます。

ではその社員を成長させる為にはどのようにマネジメントを実施すれば良いのでしょうか?

入社して10年が経ち自分の会社での立場も変わり、男性社員、女性社員、また年上で社歴も自分より長い社員など様々な方々を会社の方針、自分の考えのもと、同じ方向にベクトルを揃え、また成長させる必要がでてきました。

しかし色々な立場、考えの方がいる中で社員一同を経営理念へ共感させ、成長をさせる事は容易ではありません。

そこで今回は伊那食品工業様を会社見学、また小口常務取締役にご講演いただき伊那食品工業様が大切にされている経営理念、またその経営理念を基に会社の為、一緒に働く同僚の為、また近隣地域の方々の為に働ける社員を育成されているマネジメント方法について学びます。

本例会を通じて、社員を成長させるマネジメントを学び、各会社・組織の発展・成長につながる一助となれば幸いです。

名古屋而立会会員の方はこちらより出欠登録を行って下さい。

例会出欠登録
会社見学先、講師紹介

伊那食品工業株式会社

常務取締役 小口 知彦 氏

経営理念

いい会社をつくりましょう~ たくましく そして やさしく ~単に経営上の数字が良いというだけでなく、会社を取り巻くすべての人々が、日常会話の中で「いい会社だね」と言ってくださるような会社のことです。

「いい会社」は自分たちを含め、すべての人々をハッピーにします。ハピネスこそ人間社会すべての究極の目的だと思います。

「たくましく」とは、手を抜かず、仕事に一生懸命取り組むこと。また自分を律し、その厳しさに耐えることです。

永続していく強い会社という意味も含みます。「やさしく」とは、他人を思いやることです。

どちらを欠くこともなく、両立させている人たちの集まりが「いい会社」と呼ばれるのだと思います。

経営理念は、企業の目指す方向性であり、あるべき姿です。だからこそいつの時代でも変わらない目的そのものです。

ではそれは、何なのでしょう。利益を上げる、売り上げを増やすこと、これらは企業にとって必要なことですが、これはあくまで手段です。

企業の目的、あるべき姿は社会、人々の幸せを追求することであり、その中で最も重要で身近な社員の幸せを追求することではないか・・・そう考えています。

だからこそ、判断基準を社員を軸に考えれば、おのずと答えは出るのではないでしょうか。

そう考えれば、いわゆるリストラ、給与カット等の発想は出てきませんし、もっとシンプルに判断できるのではないかと思います。

経営はそんなに甘いもんじゃない、それは理想論だ・・・などと思われるかもしれません。

しかし、当社は最高顧問が社員の幸せを追求する「年輪経営」を掲げ、50年以上実践してきました。まだまだではありますが、このあるべき姿を追求し、実践することが、当社にとっての「挑戦」だといえます。

スケジュール

日時:令和4年12月19日(月) 10:30~19:30

会場:伊那食品工業株式会社

タイムスケジュール

10:30~11:00  受付

11:05~11:15   1月新年会・2月例会案内、緑友・愛印工報告

~13:25  バス移動

13:30~15:00  講和、質疑応答

15:00~16:00  会社見学

16:00~16:05  集合写真

16;05~16:50  自由時間

16:55~19:30  バス移動

緊急連絡先  en満委員会 吉川委員長

例会出欠登録